親子丼の備忘録(改)

親子丼の日常を綴った何か。専門的なことも書くかも?

推薦入試、ですけど。

おやこどぅぉーーん。
どうも、親子丼です。

2016/1/14 (Thu.)

今日の寝起きもいつも通り最悪、かとおもいきや6時にすんなり起きれました。
早く寝ることによって、多少の効果が出てきたのかもしれません、なので、今日も早く寝ます( ˘ω˘)スヤァ

っと、その前に今日の出来事をちゃちゃっと記しておきます。
今日のリテラシは他人のHTMLソースを見て間違いを指摘して一緒に笑ってた時間でしたねw
僕は一番に終わって自由課題に取り組んでいましたが、他の人のHTMLを勝手にチェックしては、
間違いを指摘する、という究極の(?)おせっかいをしていました。
(↑だって暇なんですもん←嫌われる奴)
そんなもんで、あっという間に時間は過ぎ、その後の授業は機械的にノートを取っては、
数学Bは予習をしていて難なく解けて、数学Aはちょっと苦戦して、保健は寝ていました(汗)
あれは寝ないほうがおかしいと思います、試験前ですけど。
で、HRでちょっち運動して疲れて、それから明日は推薦入試で教室が面接会場になるそうで、
片付けをしていました。

いやぁー、僕の入試から早1年ですかぁ。
感慨深い物がありますねぇ、つい1年前には高専にあこがれて、絶対入ってやる、と思って頑張っていたのに、
今や毎日をゲームやらプログラミングやら友達と戯れるやらでエンジョイしているっていう。
僕の受験は、ここの推薦入試一本しかやらず、それで一発合格したので、
2月以降はPSO2とかやってて他の人とくらべて受験っていう感じがしなかったですね。
しかも、どっから湧き出てきたのかわからない自信(俺は絶対に合格する、合格しなかったらおかしい、まで思った時期があった)
があって、そこまで緊張をしたっていう感じはなかったですね。
面接自体も別に緊張せず、頭の中のキーワードを組み立てて冷静に質問に答えられましたし、作文は情報収集していたのが功を奏して
すらすらかけましたね。
一番印象に残ってるのは、実は昼食の時間だったりしますね。
なんか誰も話さず(当然)、黙々と弁当を食らっていて、とっても不気味で気持ち悪かったです。
といって僕はキーワードまとめたノートをチラチラ見ながら、試験終わった後の事(スクフェスをすること)を考えてましたけど。
(↑その余裕は一体どこから来たのか、自分ながらわからん・・・)
あと、一番緊張したのは、高専の面接とかではなく、学校で進路選択の最終確認の面談を担任とした時で、
目がマジで僕なんて固まってしまいましたもん・・・(汗)
よくよく考えると、担任と面談したのよりも顔も知らない高専の先生と面接したほうが、怖くなかったっていうのは、
わかるかもしれませんねぇ・・・(自分を知られていない&説教食らうわけでもない)
なんか、僕は大人から怒られるのを極度に怖がる癖が付いてるみたいで(その割に余計なこともしますけど)、
周りの空気を読み過ぎるところがあって、意識的に空気を読まないこともあります。
それで、担任に恐怖があったのかな?、なんて今だから書けることですね。

さて、まあ結論、受かりゃいいんですよ(適当)。
いや、本当にコレに限って周りからも期待されているし、第一に自分が一番期待してて、
期待に応えられるのは結果だけなんですよ。
なので、念入りにこれ以上ない位に準備を重ねて、一度しか無い本番に望むんです。
こういう考えを今も当時も持っていて、この考えに結構救われましたね。
(↑夜寝れない時に思いついた考え方) d まあ、明日受験の方はこの文章なんてきっと読んでないでしょうけど、
一応言っておきます、全力を出し切って来てください、まだできることはあります、
後悔しないよう、頑張ってきてください!

今日は「推薦入試」のお話でした、では今日はこの辺で。
それでは、また。
親子丼でした。

※今日の一言「がっくら7巻を昨日学校でAmazonさんでポチって、
今日届きました。楽しみ。
f:id:oyakodon2109:20160114225556j:plain:w300

Copyright © 2015-2017 Oyakodon All Rights Reserved.