親子丼の備忘録(改)

親子丼の日常を綴った何か。専門的なことも書くかも?

ゲーセンと仮想Mac、ですけど。

おやこどぅぉーーん。
どうも、親子丼です。

2016/3/30 (Wed.)

今日は、10時に起きてしまってそこからゲーセンに行くため、
朝食・昼食の支度をしたり、雑務したり、風呂洗ったり、
錦織圭の試合を見たりとバタバタやってやっと2時に家を出ました。
今日は天気も良かったので、仙台駅まで自転車で行きました。
近いんです、でも行きにくいからそこまで行ってきませんでした。
坂さえなければ、疲れないんですけどねぇ・・・。
ゲーセンでは、2時間ずっとボルテしていました、
jubeatは並ばないとプレイできなさそうだったので、
後日空いている時にやろうかなー、と思ったので。
今日のボルテでは、Lv.13帯を強化してました。
あと、前なんかCRASHした「My name is TSUMABUKI」(EXH)をクリアして
いい気分で終えました。
4月からMUSECAとのポリブレ等や新曲追加が来るので楽しみデスね!

あ、帰ってきてから今までXCodeをいじっていました。
ゲーセンに行っている間に、OS X 10.11.4とXCodeのアップデートを済ませたので、
いろいろはかどりました。
僕は、仮想環境でMac OSを動かしているのですが、
ある設定をしたら立ち上がりやアプリの処理がとても早くなったので紹介します。
このサイトを参考に
設定しました。

まず、仮想マシンを完全にパワー・オフしてから
仮想マシンが保存されているフォルダに行きます。
※大体ドキュメントフォルダとかにある「Virtual Machines」というフォルダ内にあるはず。
で、そのフォルダの中にある拡張子が「.vmx」(VMware仮想マシン構成)というファイルがあるはずなので
メモ帳などのテキストエディタで開きます。
いっぱい書いてありますが、そこの末尾(どこでも良いんですけど)に次のように追記し保存します。
MemTrimRate = "0" mainMem.useNamedFile= "FALSE" sched.mem.pshare.enable = "FALSE" prefvmx.useRecommendedLockedMemSize = "TRUE" MemAllowAutoScaleDown = "FALSE"

こうするだけで僕の環境では劇的に早くなりました!
ディスクI/Oを減らす設定のようで、メモリに余裕のある人が
メモリを適切に設定すれば、効果がわかるようです。
僕は、16GBのメモリの半分(8GB)を仮想に割いています。
メインがちょっともっさりしますが、Macはさくさく動いて気持ちいいです。
ただサスペンドに要する時間がちょっと長くなった気がしますね。
まあ、前のシミュレータを起動するのに10分かかって、その上使い物にもならない
のよりはぜんぜん良いです。
動作に満足していない方は、この方法を試してみては行かかでしょうか?
(設定次第では最悪、仮想・ホストのPCを壊しかねないので自己責任ですが)

振り返りして寝ます。
【今日】
・課題 L2完!
・プログラム ナビゲーションコントロールとかやってた。
・手伝い い つ も の。
・読書 しない。
・アニメ みない。
ボルテ してきたぞい!

【明日の予定】
・課題 L3完。
・プログラム 実機テストができないので、iOS開発を中断し、
流石に部活のやつをやります。
・手伝い い つ も の。
・読書 しない。
・アニメ みない。

ということで今日は「ゲーセンと仮想Mac」のお話でした、では今日はこの辺で。
それでは、また。
親子丼でした。

※今日の一言「XCodeにAppleIDでログイン出来ないのは僕だけなのか・・・?」

Copyright © 2015-2017 Oyakodon All Rights Reserved.